So-net無料ブログ作成
検索選択

レッドブルエアレースロヴィニ大会はNHKBS1で6月放送 [スポーツ]

5月30日にクロアチアで行われたロヴィニ大会予選では室屋義秀選手が第2位となりました。

室屋義秀選手のTwitterにも、予選2位通過!のツイート(報告)が掲載されています。

本当に素晴らしい記録で、室屋義秀選手の調子もとても良いようですので、31日のロヴィニ大会決勝戦も楽しみです。


予選第1位は、今月17日の千葉大会で優勝したポール・ボノム(Paul Bonhomme)さんです。

アブダビ大会でも優勝しているポール・ボノムさん。本当に強いですね。お見事です。


今回のレッドブルエアレースの結果(ロヴィニ大会予選)は、「Red Bull Air Race」のウエブサイトの「結果」で確認することができます。


なお、NHK BS1では、6月14日(日)午後7時からロヴィニ大会のレース模様が放送される予定です。

(番組名「エアレース世界選手権2015 第3戦 in ロビニ」 午後8時50分までの放送予定)


また、6月6日(土)には、NHK BS1で午後10時から「サムライパイロット頂点へ ~室屋義秀・日本戦に挑む~」という番組(50分間)も放送予定です。

レッドブルエアレースの舞台裏もしっかりチェックして、エアレースをたっぶり楽しみましょう!


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015年ふるさと納税 長野県阿南町おいしいお米20kg受付再開 [地域情報]

長野県の南部に位置する阿南町(長野県下伊那郡阿南町)のふるさと納税は、1万円の寄付でお米20kg(コシヒカリ、あきたこまち、天竜早乙女等のブレンド米)が送ってもらえるということで大人気です。

今年の4月6日からのふるさと納税(ふるさとあんな寄付金)受付では、ネット申し込みがアクセス殺到で30分ほどでサーバーダウン。

当日の役場の電話もなりっぱなしで、電話がつながらないということも多くあったとのことです。

そして、翌日4月7日にはふるさと納税申込受付が一時中止となってしまいました。


その阿南町のふるさと納税ですが、6月16日(火)午前10時から受付を再開することが決まりました。


申込み受付は、阿南町公式ホームページの入力フォームによるインターネット申込みになります。

メールや電話、FAX、郵送での申込みは出来ませんのでご注意ください。

また、現在はまだ、阿南町公式ホームページに入力フォームはありませんのでこの点もご注意ください。


なお、ふるさと納税を行った場合の返礼品には「一般」と「農業支援」があります。

お米を希望する場合は、「農業支援」(農業支援を目的としたふるさと納税)です。お米の配送月を指定することになるようです。

(現在、入力フォームがないため実際の入力確認はできませんでした)

1万円の寄付でお米20kg、2万円寄付でお米40kg、3万円以上の寄付でお米60kgが、新米収穫後の10月から翌年28年9月までの間の希望月に希望の量(10kg単位)で届くそうです。


阿南町のふるさと納税について、詳しいことは「阿南町公式ホームページ」の「ふるさとあなん寄付金」をご覧ください。
(阿南町トップページ > 町政情報 > ふるさとあなん寄付金 > 27年度ふるさとあなん寄付金(ふるさと納税)受付再開について)

追記:
6月18日現在、阿南町のふるさと納税 「お米」の申し込みは、お届け可能なお米の数量に達する見込み(申込み数)となり、寄付金受付は終了しています。

ふるさと納税お申込み「特産品」は、6月18日12時現在、まだ受付可能のようです。

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レッドブルエアレースロヴィニ大会直前、NHKで千葉幕張大会放送 [スポーツ]

レッドブルエアレースが、5月30日~31日の2日間、クロアチアのロヴィニで行われます。

アドリア海に面したイストリア半島の小さな街、ロヴィニの美しい景色と迫力あるエアレースが楽しみです。


前回のレッドブルエアレース千葉大会では、決勝戦で8位となった室屋義秀選手。

このレースで室屋義秀選手は、ラウンド・オブ8に進出しましたが最大荷重10Gを超える反則があったということでタイムなしの敗戦となりましたが、新機体 Edge 540 V3 の調子が良すぎたというところではないでしょうか。

今回のロヴィニ大会での活躍が期待されるところです。


ところで、前回、千葉の幕張海浜公園で行われたレッドブルエアレース千葉大会の模様がダイジェストで、5月30日(土)午前2:35分から3時20分(45分)、NHK(地上波)で放送されます。(番組名 「エアレース世界選手権2015『第2戦 in Chiba』」)


この放送の前には、30日午前1時45分~2時35分(50分)に「BS1スペシャルサムライパイロット、世界へ~室屋義秀・極限の闘い~』」も放送されます。


ロヴィニ大会の前に、もう一度、千葉大会で盛り上がってみるのはいかがでしょうか。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なでしこジャパン 南長野では観客数がこれまでで最多 [スポーツ]

昨日5月28日に、長野市南長野運動公園総合球技場でサッカー女子の国際親善試合(キリン・チャレンジカップ)が行われました。

この試合で、なでしこジャパンイタリアと試合を行いました。


女子ワールドカップカナダ大会直前の今回の壮行試合ですが、後半7分に大儀見優季選手のゴールが決まり、なでしこジャパンは1-0で勝利。

6月6日開幕の女子ワールドカップに向け、なでしこジャパンは6月1日にカナダに出発するそうです。


試合が行われた南長野運動公園総合球技場は、約1万5400人収容できる施設に改修され、今年3月に完成したばかりです。

そして、3月22日に行われたAC長野パルセイロ(J3)の試合で8681人の観客数を記録したのがこれまでの最多でした。


昨日の なでしこジャパンとイタリアの試合では完成以来初めてのほぼ満席となり、1万4453人の観客が集まりました。

長野市では初めての代表戦ということもこの試合を盛り上げる要因になりました。


長野を盛り上げてくれた「なでしこジャパン」に感謝です。

女子ワールドカップカナダ大会でも、多くの感動をなでしこジャパンが与えてくれることでしょう。

ワールドカップでの、なでしこジャパンの活躍を楽しみにしています!


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミッションインポッシブル5 日本公開日&第6弾の情報 [映画]

映画ミッションインポッシブル5」(『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』)の公開が待ち遠しいところです。

前作「ミッションインポッシブル4」(『ミッション・インポッシブル/ゴーストプロトコル』)が公開されたのは2011年でしたので、本当に待ちに待った続編といったところではないでしょうか。


個人的には、「ミッションインポシブル4」は同シリーズ映画の3作目(2006年)に比べ、迫力、映像の美しさ、ストーリーとも優れていて洗練され進化した作品になっていたと思います。

それだけに、「ミッションインポシブル」シリーズ第5作目にあたる「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」がとても気になるところです。

日本でのこの映画の公開は8月7日(金)です。

全米では、これより1週間はやい7月31日(金)となるようですから、全米での第一週目の「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」の興行収入や評判も要チェックではないでしょうか。


ちなみに、映画.com の記事によると、今回の映画(シリーズ第5弾)の世界公開前に、すでに第6弾が企画開発されているとのことです。

これは、Tracking Board が報じたということですが、「現実味のある話といえそうだ」と映画.com の記事には書かれています。

(第6弾もパラマウント・ピクチャーズ、バッド・ロボット、スカイダンスの共同製作で、トム・クルーズもプロデュースに参加するようです)


そこで、Tracking Boardのウェブサイトをチェックしてました。

このウェブサイトには、たしかに「MISSION:IMPOSSIBLE 6(SALES)」とありますが、内容は有料会員でないとわからないようです。

(この情報を得るにはログインが必要でした)


いずれにしても、「ミッションインポッシブル」シリーズの勢いはまだまだ衰えそうもありません。

こういう意味でも、シリーズ第5弾「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」への期待は高まるのではないでしょうか。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アベンジャーズ エイジオブウルトロン主題歌を歌うレトブさん情報 [映画]

映画「アベンジャーズ」の第2弾、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」公開まであと1か月余り(7月4日全国ロードショー)です。

この映画の主題歌も気になるところです。


「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」イメージ・ソングとして、日本語版公式ウェブサイトで紹介されている曲が今のところ主題歌となると思われますが、そのイメージ・ソングがレトブ(WRETHOV)さんの歌う「イン・メモリーズ」(♪IN MEMORIES)です。


このレトブさんについて少し調べてみました。

「Wrethov」で検索すると、いくつかのウェブサイトを見つけることができますが、「アンダース・レッソ」と日本語表記されているサイトもあり、まだ日本語での情報収集が難しい状態のようです。

(追記:2015年7月5日現在、ウィキペディアには「レゾフ」として日本語の記事が掲載されています)

レトブさんはスウェーデン出身のアーティストでプロデューサー兼作曲家として活躍していますが、2011年アーティストとして、ファーストシングル「RUNAWAY」をリリースしました。

また、同年、FIFA女子ワールドカップのスウェーデンチームの公式ソング「ONE LOVE ONE GOAL」の作詞、作曲、プロデュースを手掛け、彼のアーティストとしてのセカンドシングルとなりました。

これらの動画は、

WRETHOV - Runaway [Official Video]

WRETHOV - One Love One Goal [Official Video]

として、YouTube で楽しむことができます。


2曲ともレトブさんの魅力の伝わるカッコいい動画ですが、とくに、「ONE LOVE ONE GOAL」は、黒スーツに黒ネクタイ姿のレトブさんの熱唱が素敵です。

レトブさんはJ-POPにも関わっていて、2010年には日本人アーティストのKAT-TUNの「Change Ur World」の作曲を共同で行っていたり、嵐の曲(One Love)にも関わっていたことがあるようです。


彼の関わった音楽の情報は、「Wrethov」(wrethov.com)のウェブサイト内にある「DISCOGRAPHY」(ディスコグラフィー・レコード目録)に詳しく掲載されています。(英語です)


今後もレトブさんのかっこいいパフォーマンスで、映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」はもちろん、日本そして世界の音楽業界を盛り上げてもらいたいものです。


追記(6月29日)
現在、レトブさんは来日してるようです。

本日6月29日は大阪市内で行われた「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の記念イベントにレトブさんが登場。(出現?!)

レトブさんはこのイベントで「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のイメージソング「イン・メモリーズ」(♪IN MEMORIES)を生歌で披露しました。

この大阪でのイベントの時の写真がレトブさんのfacebookで紹介されています。




[関連記事]
アベンジャーズ2のイメージソング(主題歌)は「イン・メモリーズ」

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本テレビアニメ2015年版「ルパン三世」で新ヒロイン登場?! [アニメ]

ルパン三世の新シリーズが今秋、日本テレビで放送される予定です。

「ルパン三世」公式サイトでは、先月4月24日にPV(第1弾)が公開されました。


「2015年 30年ぶりにあの男が帰ってくる!」というメッセージとルパン三世の軽快なテーマ音楽に合わせテンポよく展開されるこのPV。

1分30秒ほどの映像ですが、ルパン三世の世界をよみがえらせるこのPVを見るとなんだかワクワクします。


この「ルパン三世」新テレビシリーズPVの最後のほうに登場する謎の女性。

この女性の正体が明らかになってきました。


キャラクターのこの女性の名前は、レベッカ・ロッセリーニ。

ヒロインの峰不二子におとらない美人です。

レベッカはモデルや女優として活躍していますが、実はサンマリノ共和国にある財閥の女社長。

彼女の性格は自由奔放。世界的なゴシップクイーンという特徴があり、ルパン三世のストーリーに数多くの面白味を加えてくれそうです。


新シリーズ「ルパン三世」の第1話は、ルパンとレベッカの結婚式に次元大介、石川五エ門、峰不二子が集まるという話で、この結婚式の招待状が銭形警部宛てに届くというのが何かドラマチックな展開になりそうです。


この夏、「ルパン三世」原作者モンキー・パンチさんの生まれ故郷、北海道厚岸郡浜中町では、モンキー・パンチさん、栗田貫一さん(ルパン三世役)、浪川大輔さん(石川五エ門役)がゲスト出演する「ルパン三世フェスティバル in 浜中町」(8月8日~9日)が開催予定です。

これから、どんどんと明らかになる「ルパン三世」の新テレビシリーズの話題や秋のテレビ放送開始が楽しみです。

ザ・バスコレクション くしろバス ルパン三世ラッピングバス

新品価格
¥1,070から
(2015/5/27 16:19時点)




スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「徹子の部屋」放送10000万回のギネス世界記録をゲストと祝う

今日、5月27日放送分でテレビ朝日「徹子の部屋」(毎週 月曜日から金曜日 ひる12:00から放送)が放送1万回を迎えました。

この記録は同じ司会者で行われる番組としては世界最高記録だそうです。


放送1万回の放送には、ゲストとして近藤真彦さん(1964年生まれ50歳)と東山紀之さん(1966年生まれ48歳)が出演。

近藤さんと東山さんがそろってトーク番組にでるのは初めてだそうです。

番組内では、近藤さんや東山さんが出演した過去の放送や、森繁久弥さんがゲストで登場した「徹子の部屋」第1回放送などが紹介されました。

そして、番組の最後には放送1万回のギネス世界新記録として表彰される黒柳徹子さん。

司会者の黒柳さん本人が知らないサプライズ!!でした。


「徹子の部屋」は2011年に8961回の放送を迎え「同一の司会者による番組の最多放送回数記録」でギネスワールドレコーズ(世界記録)に認定されています。

また、今年(2015年)2月には、放送開始(1976年2月)から40年目に突入しました。


黒柳徹子さんは1933年生まれで、現在81歳。

番組の最後に、黒柳さんは番組放送50年に向けてがんばりたいと抱負を語る一方、「10年後、私は90歳」と戸惑うキュートな姿も見せてくれました。

黒柳さんのお元気な姿は、今後も多くの人に元気を与えてくれることでしょう。今後の活躍と番組のさらなる記録更新に期待したいと思います。


記念すべき、明日の10001回目放送は、葉加瀬太郎さんら「クライズラー&カンパニー」が出演予定です。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドラマ「天皇の料理番」第5話 あらすじと感想 [ドラマ]

第5話は華族会館をクビになり、バンザイ軒という食堂で働く篤蔵の話です。

しかし、バンザイ軒で働く間に様々な出来事が起こります。


アイスフライを作れというわがままな客に困っていたバンザイ軒の店主。

そんな店主を救った篤蔵は、バンザイ軒の店主が作った料理を口にして「空腹は最高の調味料です」というのです。

料理自体はあまり美味しくなかったのでしょう。バンザイ軒で篤蔵が働きだすと、店主は皿洗いなどをするようになります。


バンザイ軒で働く篤蔵は、自分の料理を喜んでくれる客のため、料理にさまざまな工夫をこらしてゆきます。

店主は篤蔵のやり方 「うまかったらそれでいい」 と文句ひとつ言いませんが、一言、注文をつけます 「もうけが出ないようなやり方は勘弁だぜ」 と。


そんな中、華族会館で同僚だった新太郎が篤蔵の居場所を知り、バンザイ軒に訪ねてきます。

それは、篤蔵が店の中でバンザイ軒のおかみさんから誘惑されている最中でした。


新太郎は篤蔵に、篤蔵の父や兄から届いた手紙の束を渡します。

その中の1通の手紙から篤蔵の妻・俊子が流産したということを知り、篤蔵は福井に戻ります。


福井に戻った篤蔵ですが、俊子の父親から俊子との離縁をすすめられます。

篤蔵は自分の店を開き、店主となることで俊子にふさわしい男となり俊子を迎えにくることを決意し俊子の家を後にします。


実家に戻った篤蔵は、父から開業資金100円を借りようとしますが父からは反対され、実家の離れにすむ兄・周太郎に相談します。

兄は病気でかなりやつれた姿になっていました。


兄の働きかけもあり、結局最後には父が100円を貸すと言いだしますが、その時の篤蔵は俊子から別れ話を告げられた後で、さらに、料理人になるきっかけをつくってれた田辺が戦死したことを知った後でもありました。

(俊子は篤蔵の将来を考え離縁を口にしたのですが、篤蔵は気づいていないようです)

さらに篤蔵の不運は続きます。俊子と離縁したと告げる篤蔵に父は親子の縁を切ると言い渡すのでした。


そして、失意の中、篤蔵は東京のバンザイ軒に戻るのでした。


今回も主役の佐藤健さんの演技はユニークだったり情熱的だったり光っています。

俊子役の黒木華さんの熱演も涙を誘います。

そんな中で特に注目したいのは、篤蔵の兄・周太郎役の鈴木亮平さんの演技です。

役作りのために20キロの減量をしたという鈴木亮平さんは本当にやつれた姿で、このドラマで演じる意気込みを強く感じました。


これからもさらに感動的な良い作品になってゆくことでしょう。

第6話を楽しみに待ちたいと思います。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「アベンジャーズ」(2012年)のあらすじと評価 [映画]

今年の7月4日(土)に「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」が全国ロードショーになるのを記念して(?!)、2012年に劇場公開された「アベンジャーズ」を振り返ってみましょう。


「アベンジャーズ」はマーベル・コミックのアイアンマン、キャプテンアメリカ、雷神ソー、ハルクなどのスーパーヒーローが結集して、地球を侵略しようとする敵と戦い平和を取り戻すという話です。


限りなく現れる敵や巨大な敵の出現で「いったいどうやって、これらの敵を倒すの?」とついつい夢中になって観ることができる映画でした。


アベンジャーズの敵となるロキは、雷神ソーの弟。アベンジャーズを仲間割れさせ彼らを倒すことを試みます。

しかし、ロキによりある仲間を失ったアベンジャーズは、強い?!結束で、ワームホール(離れた空間から地球に直結する抜け穴)から次々とあらわれる敵を倒してゆきます。

しかし、きりがありません。限りなく表れる敵を消滅させるため、ついに核ミサイルが発射されるのです。

人々の命は、、、。


現在の「アベンジャーズ(2012年)」の評価ですが、映画.comの映画レビューでは星3.9、YAHOO!映画のユーザーレビューは星3.88です。

いずれも5つ星が満点ですから、高い評価といえるでしょう。

個人的にも星4つをあげたいと思っています。(えらそうですが、、、一個人の勝手な評価です)


リアリティーを追求して作られた作品のようですが、個人的には描かれた世界にどっぷりつかりこむということは出来ませんでした。

ユーモアもあり、緻密に作らている作品だと思いますが、私としては笑いや感動がもっとあれば5つ星です。(ぜいたくでしょうか)

いずれにしても、映画館大画面と大音量でハラハラドキドキしながら楽しむのには、とても良い映画だと思います。


心構えができたところで、7月に公開される「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を映画館で思いっきり楽しみたいと思います。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。