So-net無料ブログ作成
検索選択

文明堂の「母と暮らせば」カステラって何? [映画]

母と暮らせばカステラは映画「母と暮らせば」と

文明堂総本店がタイアップして販売されている

期間限定のカステラです。


戦後70年(第二次世界大戦の終戦から70年)に公開となるこの映画は

長崎で原爆にあい亡くなってしまった息子・福原浩二(二宮和也さん)と

その母・福原伸子(吉永小百合さん)の物語です。


松竹120周年記念映画「母と暮らせば」舞台は長崎です。

長崎カステラの老舗「文明堂総本店」

母と子の愛を描いた映画「母と暮らせば」に敬意を込めて

母と暮らせばカステラを作ったそうです。

スポンサーリンク





小説家で劇作家の井上ひさしさんが

広島を舞台にし、死んだ父親と生き残った娘の物語を描いた「父と暮らせば」


その井上ひさしさんが強く書きたいと考えていたのが

長崎を舞台にした「母と暮らせば」でした。

山田監督は「父と暮らせば」と対になるような作品にしたいという思いを込め

長崎を舞台にし、死んだ息子と生き残った母の物語を映画にしました。


1948年8月9日。

長崎で助産婦として働く福原伸子(吉永小百合さん)の前に

3年前に原爆で死んだはずの息子・浩二(二宮和也さん)が現れます。

「母と暮らせば」はやさしくて悲しい物語です。


母と暮らせばカステラは「母と暮らせば」のオリジナルデザイン文字を

レーザーで焼印した1号サイズ(縦274mm×横101mm×高さ76mm)のカステラです。

価格は税込みで、2160円。

小説 母と暮せば

新品価格
¥1,080から
(2015/12/8 22:46時点)




母と暮らせばカステラの店頭販売は文明堂総本店(長崎市江戸町)でのみ行われています。

このカステラは文明堂総本店のホームページで注文をすることもできますが

12月8日現在、注文が込み合っていて

注文から発送まで3~4週間かかる可能性もあるとのことです。

(販売期間は平成27年11月14日(土)から、平成28年2月12日(金)です)


映画「母と暮らせば」2015年12月12日(土)から公開予定

やさしくて悲しい物語とやさしい味わいのカステラ。

タイアップ商品としてぴったりかもしれませんね。^^



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。